Twitter Facebook LINE

伝統的な正月飾りは「門松」「しめ縄」「鏡餅」

日本では新し年を迎える正月は神聖なものとして祝う慣習があります。

正月にはどの家にもその年の神様である歳神様(としがみさま)が降りてくる考えられていました。

正月飾りの伝統的なものは「門松」「しめ縄」「鏡餅」があります。
正月飾りを各家庭の玄関先から配置することで、歳神様をお迎え、祀り整える目的のお飾りなのです。

伝統的な正月飾りの「門松」「しめ縄」「鏡餅」には、各々意味があります。お飾りを作る材料にも一つ一つ決まりがあります。

現代の正月飾り

地方の旧家では古き良き伝統が継承されている家庭も少なくないかもしれませんが、核家族化が進んだ現代の生活様式や都会で暮らす家庭にとっては古き神聖なる伝統を守ることより、クリスチャンでもないのにクリスマスツリーを飾り、クリスマスケーキでクリスマスイブを祝うような習慣として浸透したのかも知れません。

おそらく、玄関ドアにこのような正月飾りを飾るご家庭が多いことでしょう。伝統的な正月飾りを現代の生活様式に合うようにデザインされたもので玄関扉の中央に配置するとバッチリ決まります。

おそらく、玄関ドアにこのような正月飾りを飾るご家庭が多いことでしょう。伝統的な正月飾りを現代の生活様式に合うようにデザインされたもので玄関扉の中央に配置するとバッチリ決まります。

自宅に正月飾りで歳神様を迎え、今年一年の家族の安全・幸せを祈願するように、家と同じように大切にしている自動車にも正月飾りを施すことは自然な成り行きだったのかもしれません。

自宅に正月飾りで歳神様を迎え、今年一年の家族の安全・幸せを祈願するように、家と同じように大切にしている自動車にも正月飾りを施すことは自然な成り行きだったのかもしれません。

正月飾りを飾る時期と捨て方

12月29日は「苦待つ」といわれ縁起が悪いのでNG。31日は「一夜飾り」といい、神様に対して誠意がないとされるので控えましょう。

飾る時期は12月13日~28日までに飾る。クリスマスとの兼ね合いで現代は26日以降が最も一般的に。

お正月飾りは、歳神様のいらっしゃる「松の内」が過ぎる1月7日にとり払います。※地方によっては違うところもあります。

正月飾りは、各地域で1月15日に行われる「どんど焼き」で処分します。この火で焼いた餅を食べると無病息災で過ごせるといわれています。

喪中の場合は正月飾りは行わない

神社神道では人の死を死穢(しえ)あるいは黒不浄といって忌み避ける宗教観があります。神様に降臨して戴くのに黒不浄の状態では不敬ということになるので、正月飾りは行わないのです。

自動車への正月飾りは道路交通法違反か!?

車のナンバーを覆い隠すように飾らない限り違法ではないです。

車両から目に見えて大きくはみ出していなければ良いです。

Twitter Facebook LINE

関連するまとめ

  • 【ピンクやばい】こんな夢のコラボが!バービーとフィアットがピンクすぎて興奮する

    ピンクでゴージャスすぎ。女子盛り上がりまくり。 女の子が興奮する車のコラボレーションがあったのです!

    reinaleina / 1482 view

  • 夏のドライブ必需品!最強サングラス

    青い空、青い海、照りつける太陽、はじけるビキニ!楽しい夏のドライブも太陽の眩しさで「前がみえなーい!!」なん…

    もと中学MVP / 2053 view

  • 関連するキーワード